260人が住む!?婚活シェアハウスの実態とは?

260人が住む!?婚活シェアハウスの実態

 

260人もの男女が共同生活を送っていることで話題の婚活シェアハウス「コンフォート蒲田」は、バラエティー番組「内村とザワつく夜」で
「ニッチェ」の近藤くみこさんが1週間のシェアハウス暮らしを体験したことでも、人気をよんでいます。

 

わが国最大級のシェアハウス「コンフォート蒲田」は備え付けの家具があるそれぞれの個室の他に、SOHOとしても使えるワーキングスペースや
広いカフェラウンジ、キッチン、フィットネススタジオ、銭湯のような大浴場などたくさんの共有スペースがあり、宅配ボックスや自販機も
完備されています。

 

個室はすべて5.5畳でそれほど広くはありませんが、ベットやデスクなどのほかエアコンや冷蔵庫、無線LANのサービスも用意されて
いてすぐに生活を始めることができます。家賃も5.9万円 ~6.2万円と比較的手ごろで、京急線の京急雑色駅から歩いて4分と交通の便も
よいところにあります。

 

「コンフォート蒲田」に住んでいる人の男女の比率は半々で、20代、30代の人が圧倒的に多いのが特徴です。暮らしている人たちの
職業も多様で外国人も3~4割程度いるので、ここに暮らしているだけでさまざまな出会いのチャンスがあります。特に婚活などをしなくても
広いカフェやフィットネススタジオなどで毎日自然にたくさんの異性と知り合え、一緒に料理を楽しんだり外出をしたりする中で
自分にぴったりと合った人を見つけることができるのが婚括シェアハウス「コンフォート蒲田」魅力です。社交性やコミュニュケーション能力を
身に着けたいという人や、一人で暮らすのは治安の面や病気になったときに心配をいう人にもおすすめです。